2011年03月29日

クリニック予約システム再開のお知らせ

 東京電力による計画停電体制により、予約通りの診療が行えない懸念からインターネット・携帯電話からのWeb予約システムを停止していましたが、これまでの経緯や、季節的要因による電力事情の改善が考えられること等から、3月31日(木)より、Web予約システムを再開させていただきます。
3月31日(木)午前からWeb予約が可能です。 
 なお今後に計画停電による休診が発生した場合には、当日予約されている方には登録のメールアドレスに休診・予約キャンセルの連絡メールを送信させて頂きます。またホームページの「緊急のお知らせ」に休診の旨を広報いたしますのでご確認ください。
キャンセル後の希望日の予約が不可能であった場合には、お電話いただければできるだけご希望に添うように対応いたします



posted by こびきウィメンズクリニック at 18:59| 神奈川 | 広報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

水道水の放射性物質と妊娠・授乳との関係について

日本産科婦人科学会から上記に関する見解が3月24日に発表されました

《概要》
@ 1kg 当たり500ベクレル前後(3/23に発表された金町浄水場の水は210ベクレル)の放射性物質を含む水道水(=軽度汚染水道水)を、妊娠期間中(280日)毎日1.0 リットル飲むと仮定した場合、妊娠女性が受ける総被曝量は1.232 ミリシーベルトであり、胎児に悪影響が出るとされる被曝量50ミリシーベルトを大きく下回る。

A 母乳中に出てくる放射能活性を持ったヨウ素は母体が摂取した量の4 分の1 程度と推測される(確定的なことは不明)。

B これらを総合すると、現時点では妊娠中・授乳中女性が軽度汚染水道水を連日飲んでも、母体ならびに胎児に健康被害は起こらないと推定され、また授乳を持続しても乳幼児に健康被害は起こらないと推定される。

C しかし、胎児・乳幼児は成人に比べ被曝の影響を受けやすいとされており、被曝は少ないほど安心である。したがって軽度汚染水道水以外の飲み水を利用できる場合には、それらを飲用することを推奨する。

以下リンク
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/announce_20110324.pdf
posted by こびきウィメンズクリニック at 14:57| 神奈川 ☁| 広報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。